【超初心者向け】WordPerssの始め方 たった5つの手順です

ブログ 始め方

ブログを作るのはWordPressがいいってのはわかった。
だけど設定の仕方は?
レンタルサーバー?ドメイン?なんじゃそりゃ。
いきなりWordPressで始めましょうって言われても全く分からないですよね。私自身もブログやアフィリエイトを始めたばかりの頃WordPressの設定に苦戦しましたし、そもそもドメインやサーバーなど用語も全く意味分からなかったです。
そこで今回は、完全な初心者でもわかるようにWordPressの始め方を用語も含めて徹底解説していきます。
始め方はたった5つ!
これを見て始めれば間違いなく完璧にWordPressでのブログをスタートできます。

始め方①まずは用語を知ろう!

サーバーやドメインって結構聞き慣れない言葉ですよね。
ブログやサイトを作成するということは、自分のお店を出すと同じことだと思っていただけたら分かりやすいです。
実際の世界で何か販売したいと思ったら、賃貸で店舗を借りてお店を出店しますよね。
これはネット上でも同じで、自分のブログやホームページを作りたいと思ったらサイトを設置する場所を借りなければいけないのです。
設置する場所(実際の世界だと店舗)がサーバーです。
ドメインは自分が経営する会社だと思ってください。
いわゆる〇〇株式会社などの社名です。

このサイトを例に説明すると、このサイトはエックスサーバーというサーバー(店舗)を借りて運営しています。
サーバーはレンタル(賃貸)ですのでレンタルサーバーと言います。

このサイトのURLはhttp://hahl-pedex.comです。
独自ドメインとはhahl-pedex.com
この部分のことを言います。

ですのでこのYAMAPblog
出店場所(サーバー)はエックスサーバー
hahl-pedex.comという会社(ドメイン)
によって運営されているということです。

始め方②サイト設置の準備をしよう!サーバー、ドメイン設定解説

WordPressの準備

では設置する場所はどこで借りれるのか。
借りれる場所(サーバー)は2020年4月20日現在、日本国内だけでも100社以上ありますが、おすすめはエックスサーバーです。
エックスサーバーは2020年現在不動の人気を誇っています。運用サイト数も160万件を超えていて、レンタルサーバーシェアは10%以上です。数多くあるレンタルサーバーの中で1番のシェアを誇っています。
独自ドメインも同時に取得できるので簡単、サーバーがしっかり安定しているセキュリティが強い(無料独自SSL対応)など理由は複数あるのですが、ここでは割愛させていただきます。

10日間無料でお試しできますので、まずは登録してみましょう。通常X10プランで十分です。
エックスサーバー (XSERVER)はこちら(10日間無料)

 

独自ドメインが無料キャンペーンを時々やっている時があるので、その時に申し込むとめちゃめちゃお得です。

 

右側のドメインを取得してブログを始めたい方を選択しましょう。

サーバーID(ログインするときなどに使用)も自分で好きなものに設定できますので、自分の好きな文字配列にしましょう。

続いてドメインの契約ですが、ドメイン名は自由にコレだと思ったものをつけていただければいいと思います。悩まずつけるのがいいかと思います。
長いと自分自身が覚えずらいというデメリットがあるので短くてシンプルなもにしておくといいかと思います。また、.com .net .org など様々なものが選べますが、見慣れたものにしておくと間違いないかなと思います。

WordPress情報などは後から変更できますのでブログ名が決まっていなくても適当なものを入れておいていただければ大丈夫です。

私のサイトで今まで説明した用語をおさらいすると私のサイトhttp://hahl-pedex.comhahl-pedex.comという会社(独自ドメイン)がエックスサーバー という賃貸店舗スペースでYAMAPblogというサイト(ブログ)を運営しているということです

始め方③サイトURLを保存しておく場所に設置する

全ての契約が終わったらいよいろスタートです。
まずは、サーバーに取得した独自ドメインを設置していきます。

エックスサーバー にログインしていただいて、サーバーパネルを開きます。

 

一番右上にドメイン設定というのがありますのでそこをクリックします。

ドメイン設定追加で、始め方②で自分で作成した独自ドメインを入力し、追加をしていきます。
無料独自SSLを利用するにチェックを入れておくと、セキュリティも強くなりますのいでおすすめです。

ドメイン記入ができたら確認画面へ進むで設置が完了となります

始め方④サイトにWordPressをインストールする

続いてサーバーパネルに一度戻ります。
すると下の方にWordPress簡単インストールという項目がありますので、ここをクリックしてWordPressをインストールします。

サイトURLはいじる必要はありません。副サイトを作成する場合は後ろの空白のところに好きな文字配列を入れてください。
※副サイトとは、ドメインは変えずに違うサイトを作成することです

ブログ名は後から変更可能ですので、なんでもOKです。
ユーザー名とパスワードについては、サイトにログインする時に使用するので、どこまにメモをしておきましょう。
キャッシュ自動削除やデータベースについてはそのまま初期の設定のままで大丈夫です。

ここまで設定できたら確認画面へ進みインストールを実行しましょう

インストール済みWordPress一覧で管理画面URLが見られますので、管理画面URLをクリックしてもらって、作成したWordPressにログインしましょう。

エラーが出た時の対処法

インストールして管理画面からログインしようとしたのにサイトが表示されない!この場合はサーバー側の処理が完了していないだけですのでご安心ください。
1時間から24時間ほど時間をあけてサイトにアクセスするときちんと表示されるようになります。もしそれでも表示されない場合はサポートに問い合わせをしましょう。

始め方⑤サイトデザイン(WordPressのテーマ)を選ぶ

WordPressのテーマの種類は何と2020年4月現在、1100個以上も存在します。本当に多くのカスタマイズが可能なことがここからわかります。
WordPressのテーマには無料のものと有料のものが存在します。どちらがいいかと言われると、やはり有料の方が機能は充実しておりますが、出来れば最初は無料テーマから選びたいですよね
【無料で十分】WordPressおすすめテーマ5選を参照してください。
この5つをインストールして使ってみて気に入ったのを最終的に使えばいいと思います。

有料だとここまで違うWordPressテーマはこちらを参照ください。

ここまででWordPressの設定の仕方は終了です。しかし、ここで終わってしまうと結局ただの設定で終わってしまいますよね。
WordPressを使ってサイト作成を始める皆さんは、ブログで稼ぎたいと思っている人たちですよね。
ブログやアフィリエイトで稼ぐには、検索順位つまりSEOを強くしなければいけません。
最後にSEOに最適なWordPressの設定3つの手順をご紹介いたします。

  1. 手順①更新情報サービスの設定(PINGの設定)
  2. 手順②パーマリンクの設定
  3. 手順③プラグインの設定

手順①更新情報サービスの設定(PIGNの設定)

設定→投稿設定を表示すると、更新情報サービスという欄が出てきます(赤枠)
更新情報サービスとは、他の様々なブログやサイトに「記事が更新(つまり投稿)されました」とお知らせしてくれる機能となります。
特にこれを設定しなければ、SEO的にダメというわけではないのですが、流れ的についでに設定しておくと便利です。
デフォルトでは1つのサイトしか登録されていないので、

http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.blo.gs/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://taichistereo.net/xmlrpc/ http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services

こちらをコピーして貼り付けておきましょう

手順②パーマリンクの設定

パーマリンクとは、投稿する記事のURLのことです。6種類の形式の中から自由に選ぶことができます。
設定→パーマリンク設定で表示します。

WordPressの基本設定(デフォルト)では一番上の基本になっております。そのままにしておくと、URLの最後が「?p=123」となり、みただけでは全くよくわからない見た目となってしまいます。

その下にある日付と投稿名についてですが、日付が入ると記事の日付が古くなるにつれ、記事を敬遠されてしまう可能生があります。
おすすめなのは上から5番目にある「投稿名」です。
投稿名にすることでSEOに多少の有利となります。

これはGoogleの「コンテンツに関するガイドライン」に記載されております。

長いので簡単に噛み砕いてお伝えすると

  • URLはシンプルであること
  • URLは人が見て理解できるものが望ましい

です。

Googleのガイドラインに沿って考えると、自ずと「投稿名」もしくは「数字ベース」が選択肢となりますよね。

※パーマリンク設定の注意点があるのですが、パーマリンクの設定については、一度設定したら変更をしないことをおすすめします。
毎日しっかり記事を書き続けてようやくアクセスも多少なり生まれてきたところで、パーマリンクつまりURLを変更すると、URLが新しくなり、Googleからの評価も新規になりますので、アクセスが0になる可能性があります。

手順③プラグイン設定をする

ブログを書いたり、サイトを作成したり、する上で欠かせないのがプラグイン。プラグインとはスマートフォンでいうアプリ見たいなものです。
WordPress上で使えるツールです。
私の経験上必要なものをまとめてみました。ここでは記事が長くなってしまうので、こちらを参照ください。

以上でWordPressの基本的な設定は完了です。
記事を書く第一歩。
気長にコツコツとやっていきましょう

おすすめ記事 ブログで稼ごう!コツコツやれば絶対稼げる 種類と方法を解説