【実例紹介】ブログはリライトが最重要 できない人は月5万止まり

テクニック ブログ

今回の記事のは
月5万円で停滞しているブロガー向け
収益UPの鍵はブログの「リライト」
について恐ろしいデータとともに解説しています。
ちなみに、リライトができない、もしくはしてないよって人は一生月5万円です。

記事の信頼性
この記事は私の実体験に基づいています。
現在私のブログ収入は月300万ぐらい

ブログはとりあえず100記事書いてからがスタートだ

なんて根拠のないことは言いません。
SEOコンサルなんて必要ありません。むしろリライトができるよになれば、SEOコンサルになれちゃいます。
今回解説することが本質であり、全てです。
途中途中で実績を全て公開していますので、信憑性があるかどうか判断していただければと思います。

ブログはリライトが最重要

収益UPにはブログのリライトが最重要です
私は、2016年1月からブログを毎日更新しました。
1年後どうなったと思いますか?月収100万?200万??
そんな想像した人、私が果てしない絶望を感じたか如くこの数字を見て絶望してください。
リライトせず、というか「リライト」という言葉すら知らずただただ毎日更新を1年間続けた結果です。
2016年1月から毎日更新した結果

ちなみに2016年1月からブログスタートさせてます。同じような結果なので載せてません
毎日更新していたので、600記事ぐらいは書いてると思います。

結果⇨全く収入が上がらなかった。 同じ状況の人いますぐ毎日更新はやめましょう
絶望しましたか?絶望しましたよね。私もまじで絶望しましたから。
だけど次の数字を見てください。

続いて、
毎日更新はやめて、今まで書いてきた記事のリライト更新だけした結果をお見せします。
・2018年2月より新記事は追加せずリライトだけ行った結果

結果⇨毎日更新してもクソみたいな収益しか得られなかったのに、リライトのみで月の収益が100万円超えました。

ブログ記事のリライトがどれだけ重要かわかりましたよね。
ただし、ブログのリライトを単純にやれば収益UPだなんて考えてはいけません。
「ブログを始めてツイッターも始めた。
記事も100記事ぐらい書いて月に収益もぼちぼち出るようになった。
ツイッターで他のブロガー見てると、
「ブログリライトしました」なんてのを見た。
どうやらブログは時間が経ったらリライトするものらしい。
自分も過去記事をリライトして収益UPだ。」
なんて感じでリライトしている人。
それは チリをまた別のチリにしてるだけですよ。
目的のないリライトは別記事を新たに書いてるようなものです。毎日更新と変わりません。

リライトとは

自分の記事の問題点の把握⇨改善

です。
要は目標設定と構成が重要ということです。
??って思った人とそもそもブログ記事を書く際に目標設定なんてしてないよって人は
目標設定と構成については【収益UP】キーワード選定しないとブログ記事は書けません【記事の書き方6つの手順】を参考に記事を書いてください。

ブログ記事のリライト法4つの手順

  • 手順① 記事設定の再確認
  • 手順② 現在のブログ価値の確認
  • 手順③ 実際に順位ごとに記事改善
  • 手順④ これの繰り返し

「記事 リライト 方法」なんて検索すると沢山やり方が出てきますが、小手先のテクニックばかりです。本記事では小手先のテクニックは一切説明しません。「本質」を解説します。

手順① 記事設定の再確認


行うべき再確認は3つ

  1. キーワード選定
  2. 読者設定(読者が抱えてる問題点、悩み)
  3. 読者の行動予測

キーワード選定

・キーワード選定とは、検索から自分の記事に誘導する「キーワード」を選ぶということです。つまり目標を設定するということです。

ブログやアフィリエイトをやる上でキーワード選定は最重要になります。
つまりリライトするときは自分が記事を書くときに立てた目標を再確認するということです。
目標を再確認=ゴールを決める

読者想定(読者が抱えている問題点、悩み)

読者想定とは記事の文章構成を司る重要な作業となります。

検索順位が上がらない場合はこの読者想定が甘いからです。
検索順位が上がる理由としては SEOとは?で詳しく説明していますが、
読者が求めているものが書いてあるか
が1つの判断基準となってきます。
文章構成をきちんと学びたい方は20歳の自分に受けさせたい文章講義を読んでおくといいです。

読者の行動予測

読者の行動予想がマネタライズ(収益導線)につながるのです。
あなたに書いた記事を読んだ人はその後どういう行動をしますか?
ここは収益化にも、SEO的にも重要な場所です。
ちなみにこの読者の行動予測が間違えていると、稼げません。さらに残念なことに検索順位も上がりません。

手順②現在のブログ価値の確認


基本的にリライトは記事を書いてから3ヶ月後に行うのがベストです。
理由は簡単で、あなたが書いたブログ記事の価値(掲載順位)が安定してくる頃だからです。
記事を書いてから3ヶ月後自分の記事の価値を検索順位チェックツールを利用してチェックしてから、リライトするようにしましょう。

※検索順位チェックツールとは
自分が選定したキーワードが検索順位でどれぐらいにきているのか計測するツールがあります。
おすすめはこちら
MacならRankTracker

WinならGRC

価値(検索順位)によってリライト方法は異なってきます。
分類すると

①15位以内の記事 ⇨ CTR(クリック率)の改善(めちゃめちゃ価値あり)
②16位〜40位の記事 ⇨コンテンツ追加(価値あり!ほしい)
③40位以下の記事  ⇨ 検索意図の改善(ほぼ価値なし)

となります。

手順③実際に順位ごとに記事改善


手順①と②で自分の記事のゴールと現在の価値を確認したらあとは、ゴールに向かって改善するのみです。
それぞれの改善法を解説していきます。

40位以下(ほぼ価値なし)の改善法

・タイトルを変えてみる

これがベストな改善法です。これは記事の内容(検索意図・読者想定)は完璧なのに、タイトルがわかりにくくて読まれない(クリックされない)と言う場合があるからでです。
実際に、55位だったものがタイトルを変更しただけで11位に上がったことがあります。

タイトルに問題がないのであれば、こちらの順位の記事は記事本文をリライトする意味がないです。
本文をリライトするのであれば同じキーワードで新たに記事を書いた方がいいです。同じことですので…。
なぜなら 検索意図が間違っているからです。

検索意図とは読者想定、いわゆるニーズのことです。

例えば、
「沖縄 3月 気温」
ってキーワードの検索意図はなんだと思いますか?
もっと簡単に説明すると
“3月の沖縄はもう暑い、服装は半袖で十分。ビジネスならノーネクタイで”
“沖縄の3月の平均気温は18度 沖縄が熱帯地域に入れない理由は1月、2月にあります”
この2つの内容の記事が出てきたとして
どちらが世間一般的に読まれると思いますか?

完全に上の
“3月の沖縄はもう暑い、服装は半袖で十分。ビジネスならノーネクタイで”
ですよね。

“3月の沖縄はもう暑い、服装は半袖で十分。ビジネスならノーネクタイで”
この記事を書いた人は
「沖縄 3月 気温」のキーワード選定をした時に
検索意図を⇨これを検索する人は、3月に沖縄に行く人だ。沖縄に行くってことは、旅行か出張。ってことは服装が気になるな。
って考えたんです。
“沖縄の3月の平均気温は18度 沖縄が熱帯地域に入れない理由は1月、2月にあります”
この記事を書いた人は
「沖縄 3月 気温」のキーワード選定をした時に
検索意図を⇨3月の平均気温が知りたいんだな。そしてめちゃめちゃ深読みして、気温が知りたいってことはなぜ沖縄が熱帯地域になれないかが知りたいのかな。
って考えたんです。

「沖縄 3月 気温」キーワードで沖縄がなぜ熱帯地域じゃないかなんて調べたいと思っている人はなかなかいないですよね。
この内容をリライトしてもそもそも検索意図が大幅にずれているからいくらコンテンツを追加しようが改善しようがないですよね。改善するとしたら全て改善しなければいけないので、新しく記事を書くのと変わらないですよね。

検索意図の話を詳しく知りたい方はこちら

16位〜40位の記事の改善法

・足りないコンテンツを追加
・タイトル変更
の2つです。

足りないコンテンツを追加

先ほどの「沖縄 3月 気温」で説明すると
“3月の沖縄はもう暑い、服装は半袖で十分。ビジネスならノーネクタイで”
の記事は

・沖縄の3月に旅行行くんだけど服装を知りたい
・沖縄の3月は暑いのか知りたい
・沖縄に3月に出張に行くんだけどネクタイは必要か
の3点を検索意図想定しているのですが、検索順位を上げるなら
・3月はもう海は解禁されているのか
・沖縄の観光はどんなか

と言うもっと深いところまで追求してあげるとより記事の質がよくなりますよね。

3月の沖縄はもう暑い、服装は半袖で十分だしビジネスだったらノーネクタイでOK。
ちなみに海開きは3月の初めにされていて海で泳ぐことも可能です。
3月はクジラの目撃情報が一番多い月でもしかしたらクジラにも会えちゃうかも。
そんなクジラに会える観光サービスはこちら。
他にも国際通りとか、首里城とかおすすめです。

なんて記事にしてあげたら、よくなりますよね。
その時におすすめなのが、サジェストキーワードの確認!
http://www.related-keywords.com/

こちらの無料ツールで確認することができますし、直接Googleの検索窓に打ち込んでも出てきます。

沖縄 3月 気温
ではこんな感じで表示されます。
ここで重要そうなキーワードがあれば見出しを作って追加してあげるとより効果的です。

タイトル変更

ポイントは2つ
・32文字以内でタイトルをつける
・キーワードを前の方に持ってくる

効果的なタイトルのつけ方を知りたい方はこちらを参考にしてください

15位以内の記事改善法

すでに他の強豪との戦いです。
リライトのポイントは
CTR(クリック率)を上げる
が最重要となります。
タイトルを差別化することが大切です。

「沖縄 3月 気温」
で検索すると
「気候」「おすすめな服装」と言う視点のタイトルが並んでいますよね。
あなたが、今現在このキーワードで6位をとっていた場合、この強豪たちと同じようなタイトルをつけていても順位は上がりません。
いい例を出すと、

キーワード「アフィリエイト 文字数」で検索すると

こんな感じで表示されます。

アフィリエイト 文字数のいキーワードに対して
「文字数の正解」「SEOとの関係」と言う視点のタイトルが並んでいますが、
上位から3番目に「アフィリエイト記事の文字数に正解なんてない」と言うタイトル記事がありますよね。
他の4つとは全く違った視点のタイトルが付けられています。他のが同じような感じなのに対して他と違うタイトルだとついついクリックしたくなってしまいますよね。
違った視点のタイトルは結構有益です

タイトルの話

※基本的なことですが、めっちゃ重要なことが1つあります。
改善内容と実行日は必ずメモする
面倒でもこれをやらないと、全く意味がなくなってしまいます。必ずやって何をしたらこうなったのかを分析しましょう

まとめ


ブログで稼ぐには「リライト・改善」がとても大切です。
「稼ぐ」=ビジネスです。
ビジネスである以上、「改善」は一番重要な部分です。
車だってそうですよね。不便だったところが改善されて便利になっていくから新しいものが欲しくなります。
ブログで稼ぐなんて怪しい
そうかもしれません。だけれどもビジネスなんです。ブログで価値を提供しているからお金が稼げるのです。
価値をきちんと提供するには
分析、改善=リライト
これが最重要です。
「ブログで稼ぐ」は誰にでもチャンスがあります。
だけど努力が必要です。
目標に向かって正しいことをやるのみ

おすすめ図書
20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)