【ブログで稼ぐ】ビッグキーワードを上位表示させる4つの手順

SEO テクニック テクニック ブログ

ブログやアフィリエイトを始めたばっかりです。
やっぱり、ビッグキーワードは今から狙いに行っても競合が多いし無理ですか?
ビッグキーワドで記事書いてますが全然上位表示されません。
 

こんなお悩みに応えていきたいと思います。

そんなYAMAPはアフィリエイトサイトで上位表示を獲得しています。
そのビッグキーワードはこちら
ビッグキーワード
「カニ 通販」です。

時期的な物になりますが、このビッグワードで上位表示されると、月にこれぐらい稼げます


基本的に、ビッグキーワードで上位表示されればどの分野でもこれぐらい収益は出ます。だからブログやアフィリエイトをやっている人は「ビッグキーワード」を狙いに行くんですね。

じゃぁ結局競合が多いからビッグキーワードを狙うのは無理ってこと?

結論から言ってそうではありません。ビッグキーワードもロングテールキーワードもやることは一緒です。
だからと言って、闇雲にビッグキーワードで記事を書けばいいって問題ではありません。

それでは今から解説していきます。

ブログでビッグキーワードを上位表示させる4つの手順

え、たった4つの手順なの?
って思った方も多い方と思いますが。

そうなんです。ビッグキーワードを上位表示させる方法は今から紹介する4つの手順の繰り返しです。

  • 手順①キーワード整理
  • 手順②ロングテールキーワードの記事を量産
  • 手順③ロードマップを作成
  • 手順④分析してリライト

手順①キーワード整理

ブログでビッグキーワードを上位表示させる4つの手順
ビッグキーワードを狙っていくのであれば、まずはツールでキーワードを全て取得していきましょう。
ツールは2種類あります。

その中でも、キーワードを取得すると言う点では関連キーワード取得ツールがおすすめです。
関連キーワード取得ツール
仮に私が上位表示を取得しているキーワードで解説していくと、
「カニ 通販」で上位表示を取りたい場合、関連キーワード取得ツールに「カニ 通販」と入力して出てきたキーワードに対する記事を書いていきます。

ここで大切なのは、1記事1キーワードを守ること

今回のキーワードで記事を書くとしたら例えばですが下記の通り

・カニ 通販 安い
・カニ 通販 おすすめ
・カニ 通販 コロナ
・カニ 通販 北海道
・カニ 通販 訳あり
・カニ 通販 選び方
・カニ 通販 ランキング

省略しますが
これらのキーワードに対して、1記事ずつ執筆していきます。
記事の書き方のイメージとしては
ブログ 検索意図 考え方に詳しく書いてあります。

手順②ロングテールキーワードの記事を量産

ロングテールキーワードの記事を量産
ビッグキーワードを狙っていく上で最重要なのが手順②です。

Googleが行っている「検索に順位をつけるアルゴリズム」は
「ユーザーの利便性を最優先に考慮しているページであるか」
を重要視しています。
ではユーザーの利便性ってなんなのか?
それは疑問に思ったことがそのページに行けば全て解決できる。新たに検索しなくても解決できると言うことです。

ロングテールキーワードの記事はあればあるほど、利便性が高くなるので、Googleからの評価も高くなると言うことです。

ロングテールキーワードについてはこちらに詳しく書いてあります。

とは言っても大量に記事を書くのは結構キツイもの。

私も文章を書くのは得意ではなくて、1記事書くのに12時間とかかかっていた時期もありました。
これではロングテールキーワードの記事を量産することはできません。
私は今まで800記事を超える記事を書いてきましたが、その中で読みやすい文章や読まれる文章には「型」があることに気づきました。その方法は
○○○
で解説しています。
YAMAPの血と涙と夫婦の喧嘩が詰まっていますのでぜひ参考にしてください。

※ロングテールキーワードの記事を書いたら、内部リンクの整理も忘れずに行ってください。
Googleの検索順位をつけているアルゴリズムは直帰率が高い記事の評価は低くなります。
直帰率とは、あなたのページにきた読者が、他のあなたのページを開かずにそのまま検索エンジンに戻ると言うことです。
例えば、
内部リンクが貼られていなくて

「カニ 通販」
⬇︎
あなたのページ
⬇︎
検索エンジンに戻る
⬇︎
「カニ 通販 ランキング」と検索し直してあなたの記事ではない記事を見る

よりも内部リンクがきちんと貼られていて

「カニ 通販」
⬇︎
あなたのページ
⬇︎
内部リンクにあったあなたのページ「カニ 通販 ランキング」を読む
⬇︎
内部リンクにあった「カニ 通販 失敗」を読む

って行動の方が、ユーザーには良質な記事を提供していると判断できますよね。

Googleは記事の内容全てを把握しているわけではなく、統計的にユーザーがどう言う行動をとっているかで記事の良し悪しを決めています。
ですので、必ずロングテールキーワードで記事を書いたら内部リンクの整理も行うようにしましょう。

手順③ロードマップを作成

ロードマップを作成
ロングテールキーワードの記事が30記事ほど書き終わったらロードマップを作成しましょう。
やり方は簡単です。
「カニ 通販」で様々な記事を書いたとして

カニ通販選びに失敗しない完全マップ
みたいなタイトルで
今まで書いた記事を全て順序立てて紹介していくとOKです。
イメージとしては、まとめサイトのようなイメージです。

カニの通販おすすめ10選はこちら
カニの通販で失敗しない方法はこちら
カニの通販での失敗談はこちら


みたいな感じです。

これはロングテールキーワードで読者が訪問したし際、内部リンクを毎回毎回辿っていくよりかはロードマップ(まとめサイト)があったら一目瞭然で便利ですよね。

手順④分析してリライト


キーワードを狙って記事を書いたら必ず、キーワード順位のチェックを行いましょう。
記事を書くだけで結構満足してしまう人が多いのですが、それだけでは足りません。
その記事が自分の狙ったキーワードと方向性が合っているのかをきちんと確認しなければいけません。

詳しくはこちらをどうぞ

キーワードの順位チェックもツールがありまして、
おすすめはRank Trackerです。
こちらのツールは有料となってしまいますが、ブログで稼いで行くには必ず必要なツールです。

ビッグキーワード上位表示は財産
確認する3つ項目
・収益は適切に出ているか
・ASPと交渉はできないか
・もっと上位は撮れないか

収益は適切に出ているか

ビッグキーワードで上位表示を目指す理由は「収益」です。
せっかくビッグキーワードで上位表示されても収益が適切に出ていなかったら機会損失になってしまいます。

ここで重要となってくるのが

PV✖️CTR✖️CVR

です。
PV=表示回数
CTR=収益ポイントのクリック率
CVR=実際に収益になった確率

ビッグキーワードで
毎日3000回あなたのページが表示されるようになっても、誰も収益ポイント(広告)をクリックしてくれなかったら収益化できませんよね。
基本的にはCTRもCVRも3%以上を目指していきましょう。
こんな状態を目指しましょう。

CVRが3%以下の場合は、あなたのページ(ライティングや誘導方法)に問題ありです。すぐに改善しましょう。
なぜ3%以上かと言う具体的な根拠はありませんが、私が6年間やってきた結果3%ぐらいが目安だと思うからです。それ以下だと誘導やライティングに問題ありです。

ASPと交渉はできないか

ASPには特別単価交渉と言うものがあります。
広告主は自分の商品を沢山宣伝してもらい沢山売って欲しいと考えています。沢山売れる人とほとんど売れない人と単価が同じなのは変ですよね。
上位表示というのは価値がありますので、ガンガンASPに報酬単価の交渉をしていきましょう。
ちなみに私のカニも単価交渉をして通常より多く報酬をいただいています。

もっと上位は取れないか

ブログやアフィエイトは、上位表示されて「よしこれで安心」ではありません。
常に誰かがあなたの順位を狙っています。
ブログやアフィリエイトの記事はあなたの財産、資産です。
常に最新の情報を、常に上位を取りに行く、この気持ちが大切です。
今回お伝えしたのはあくまでも「上位表示」を狙う方法です。
上位表示とはトップ10ぐらいまでを想定しています。
YAMAPは順位3位のものもありますが、これを1位にするにはまた別の施作が必要となってきます。
ただし、一番大切なのは今回お伝えした4つの手順です。
繰り返しやっていきましょう

まとめ ビッグキーワード は時間がかかるけどそれ以上に価値がある

今回解説した
ブログでビッグキーワードを上位表示させる4つの手順
をおさらいします。

  • 手順①キーワード整理
  • 手順②ロングテールキーワードの記事を量産
  • 手順③ロードマップを作成
  • 手順④分析してリライト

ビッグキーワードを上位表示させるのは時間がかかるし、成果が出るまでにかなり時間がかかります。
しかし、この記事でも何回もお伝えしていますが、ブログやアフィリエイトは自分の資産になります。
やって損はないですよ。
何よりもリスクもないですし。
1つリスクがあるとすれば「周りから怪しい目で見られる」ことだけです。
ただ、だからこそブログやアフィリエイトはチャンスです!
頑張りましょう。